参加者の声

参加者の声 一覧ページへ戻る

【2013年度春学期 海外実習/海外実践】 和田 紗織さん

2013.10.02


──────────────
和田紗織さん
所属・学年:社会科学部5年
派遣先国:タイ 期間:2013/8/4〜8/26
──────────────

【海外実践・海外実習の活動内容】

現地日本語学校、日本語教育を行っている高校、チュラーロンコーン大学の日本語学科にて授業見学、文化交流、模擬授業等を行った。文化交流では日本の昔ながらの遊び、最近のアニメに関するクイズ、コスプレのブースを用意して各自好きなところで遊べるようにしました。タイの人は少しシャイなので日本人から「これ、着てみない?」など促すことも多かったのですが、明るい人が多く授業では日本語を使ってボケたりと笑いをとりにいく等とユニークな面も見られる実習でした。模擬授業ではひらがなを勉強したばかりの学習者向けのひらがなを学べるようなゲーム感覚の授業の企画・教案を作り行いました。タイにおける日本語教育を学べることはもちろん、タイで日本語を教えるとはどういう感じかというのが良くも悪くも見える活動内容でした。タイの学習者は熱心且つユーモアもあるのでここで教えられたら楽しいだろうなとこの活動を通じて感じました。ただ一回目と言うこともあり、今一スケジュールが掴めない、せっかく準備したのに模擬授業を全部行える時間はもらえなかったといった残念な部分もありましたが、渡航者へのサポートは充実しているので満足な内容でした。

【本プログラムに参加しての感想】

アジアにおける日本語教育の現在を知ることが出来、実際に学ぶ人たちと交流出来る非常に良い機会でした。早稲田では日本語の授業のボランティアとしてちょっとしたお手伝いをすることはあっても、実際に授業を作る機会はなかったので、タイにいる日本語学習者への授業を作るチャンスをいただいたのは貴重な経験で授業内容を考えることは面白かったです。また、ただの観光ではなく実習としての参加なので現地の人との交流の機会も多く、同世代の世界の友達を作ることが出来たのも一つの魅力だと思います。タイの観光地を訪ねたことより、現地の人との交流の方が自分にとっては思い出になったぐらいです。タイはビルが乱立しており、東京に似た雰囲気はありますが、街を歩くと色々な日本とは異なる面も多く見えてきて面白かったです。タイでは病院行きになり、辛い思いもしたもののタイ人は本当に面白かったので本当に行って良かったと思います。

【今後本プログラムに参加する方へのアドバイス】

SEND事務局のサポートは充実しており、先生も色々と生徒のことを考えてくれるので安心して参加出来るプログラムかと思います。私は食事に関して不摂生な生活をした結果、体調を壊し二度も病院にお世話になり、一度は2泊3日の入院までしましたが、行く前に海外旅行保険に加入させられており、タイ医療は発達しているため、病院には困らないで済んだので実習先としては良い場所だと思います。ただ日本人の胃には合わない辛さもあるので胃の弱い人はパッタイ等辛くない食べ物を食べること、水分補給は欠かさない(私は脱水症状になった)、インスタントラーメンには気を付ける(1日2食辛いラーメンを食べお腹がおかしくなった)こと等、健康には気を付けてください。何かアクシデントがあっても対応はしっかりとしているので安心して参加できますが、環境も異なるので自己管理も大切です。タイに行った8人の中で私以外は元日本語教師の方、日本語教師を目指す人というメンバーでしたが、私のようにアジアが好きだという理由で参加する人でも色々な良い経験が出来、将来の選択肢を広げると言う意味でも良いプログラムだと思います。海外で日本語教師をしたいと言う人は色々な先輩の話を聞け、現場を見られる良い機会なのでお勧めします。タイの人は冗談が大好きなのでかしこまらずに思いっきり変な話をしてみるとすぐ仲良くなれるので、普段日本で友人と話すような感覚で楽しんで良かったと思います。

【その他メッセージ】

タイは色んな意味でオープン、そして刺激もある面白い国です。私はまた早くタイに行きたいです。

参加者の声 一覧ページへ戻る

TOP OF PAEG