参加者の声

参加者の声 一覧ページへ戻る

【2013年度春学期 海外実習/海外実践】 堀次 麻里子さん

2013.10.02


──────────────
堀次 麻里子さん
所属・学年:政治経済学部5年
派遣先国:インドネシア 期間:2013/9/1-9/17
──────────────

【海外実践・海外実習の活動内容】

現地での日本語実習をはじめ、「日本語を教えよう」(インドネシアの学生たちに教える立場を経験してもらうもの)や「お茶会」(私たちもお茶に関する知識はなく、現地の学生たちと一緒に模索しながら、お茶会を実現するというもの)などのプロジェクトも行いました。短期間でしたが、毎日違うPJの準備があり、多くの学生と様々な関わり方ができました!

【本プログラムに参加しての感想】

渡航前は「日本語を教える」ということに焦点をあてたプログラムだという強い先入観をもっていましたが、現地の学生と同じ目線で大学に滞在したためインドネシア語や文化をたくさん学べました。さらに、彼らとの交流から、学習や将来に対する考え方など、自分の視野の狭さを痛感し、反省しなければいけない点がたくさんあるということにも気付きました。同じ大学生でも、日本とは全く異なる環境で勉強している学生たちなので、彼らとの交流は一瞬一瞬が勉強になります!

【今後本プログラムに参加する方へのアドバイス】

「日本語を教える」なんてめんどくさそう!とか、何をすればいいのかわからない!と思う方がいるかもしれません。私も日本語教育の知識はほとんどありませんでしたが、先生や一緒に渡航した皆のおかげで、きちんと実習を終えることができました。
この実習は日本語教育以外にもたくさん身になることを経験できます。一緒に渡航した人たちや現地の学生とも、本当に仲良くなれる2週間です。この実習に参加したからこそ得られる仲間、そして経験がたくさんあるので、 だまされたと思って是非参加してみてください!

参加者の声 一覧ページへ戻る

TOP OF PAEG