参加者の声

参加者の声 一覧ページへ戻る

【2013年度春学期 海外実習/海外実践】 塩見 和代さん

2013.10.02


──────────────
塩見和代さん
所属・学年:日本語教育研究科
派遣先国:インドネシア 期間:2013/9/1-9/17
──────────────

【海外実践・海外実習の活動内容】

・日本語ラウンジ
会話がメイン(食堂)折り紙、おもちゃ、マンガ、写真、動画、雑誌を使用(名刺を作成し、名刺交換も行った→名刺交換をすることで、名前もスムーズに覚えられ、連絡先も交換できた。様々な物をラウンジのために持って行ったが、会話がメインとなった。日本語を教えるだけではなく、インドネシア語も教えてもらえ、自然発生的なランゲージエクスチェンジのような形にもなった。)

・日本語を教えよう
パジャジャラン大学の学生がインドネシア語を早稲田の学生に教える。4グループ作り、最終的に早稲田の学生に対してインドネシア語を教えることができるようにグループでの活動を行う。(当初の予定では日本語を教える予定だったが、パジャジャラン大学の学生の日本語レベルを考慮しこのような形になった。)

・お茶会
「わたしたちのお茶会」
3グループを作り、それぞれが自分たちのグループの役割を把握し独自のお茶会を創り上げる。テーマは「春夏秋冬」

・文化交流祭
日本とインドネシアの文化の交流
インドネシアのスンダ族の歌やダンス、お笑いなどの披露があり、早稲田の学生はスンダ族の民族衣装の体験もした。日本からはラジオ体操やファッションショー、マンガ・アニメやネイルをはじめとする6ブースを出店し、歌の披露などもした。当日に向けてパジャジャラン大学の先生方や学生と連絡を取り、協力する必要性がある。

・見学実習
会話の授業の見学
2つの授業を見学することが出来た。
・教壇実習
6人・5人で一チームを作り、チームティーチング
2回教壇実習をすることが出来た。

【本プログラムに参加しての感想】

日本語を教える経験を積みたいと思い本プログラムに参加したが、現地に行ってみるとあまり教えるという経験を積むことはできなかった。しかし、それ以上に本プログラムを通して日本語を「教える・教えられる」といった関係性を見直すことが出来、これまでと異なる日本語教育の可能性を見つけることが出来たと考えている。また、パジャジャラン大学、早稲田大学の様々な年齢の人達と関わりながら協力してプロジェクトを創り上げることで、今後社会に出る上での大きな糧になったという実感がある。

【今後本プログラムに参加する方へのアドバイス】

自分の働き方次第で様々なプロジェクトを創ることが可能なプログラムです。今後社会に出る時に必ず役立つはずです。また、私はインドネシアでかけがえのない仲間と出会いました。この出会いは私にとっての人生の宝物です。自分が動くことで自分の価値観や様々な物が揺れ動かされるでしょう。それは嬉しいことでもあり辛いことでもあります。でも、そうした経験を通して私達は成長するのです。インドネシアという素晴らしい土地で、あなたとあなたに関わる人がともに成長することをこのSENDプログラムは可能にしてくれるはずです。

【その他メッセージ】

体調管理には気をつけてください。熱を出したりおなかを壊しては本末転倒です。

参加者の声 一覧ページへ戻る

TOP OF PAEG