参加者の声

参加者の声 一覧ページへ戻る

【2013年度春学期 海外実習/海外実践】 小林 亞古さん

2013.10.02


──────────────
小林亞古さん
所属・学年:人間科学研究科・修士1年
派遣先国:タイ 期間:2013/8/4〜8/26
──────────────

【海外実践・海外実習の活動内容】

*Waseda Education Thailand授業見学・文化交流会
*テープリーラー高校授業見学・交流会
*チュラーロンコーン大学授業見学・教壇実習
*Language Exchange

【本プログラムに参加しての感想】

私は海外における日本語教育の現場を見てみたい、そして将来日本語教師という仕事が自分に向いているのかどうか、ということをこの目で確かめたくてこのプログラムに参加することを決意しました。実際に日本人の先生のお話を聞いたり、学生のニーズを聞き、様々な学校で授業を見学し、何が問題点でそれをどう改善できるのかということを考える良い機会となりました。このプログラムを通して、海外で働くビジョンがより具体的になりました。また、現地の人々とたくさん交流をしてタイ語を教えてもらい、人々の温かさを感じ、タイの素晴らしさに触れる毎日でした。

【今後本プログラムに参加する方へのアドバイス】

イで関わる人たちは日本語を勉強している人がメインになるので、確かに日本語を教えることも重要ですが、自分自身が学びに行くということを忘れないでほしいです。タイにいるのですから、できるだけ多くのタイ語を覚えて使ってみてください。タイ人の学生や街中のお店の人でもいいですから、とにかく積極的に色々な人と話し、どんなことでもいいので意見交換をすることをお勧めします。タイ人はシャイな人が多いので、こちらから積極的に話しかけると、気兼ねなく色々なことを教えてくれます。まずは自分から話しかける、これはなかなか勇気のいることですが、今振り返るとコミュニケーションを取るのにとても重要なことでした。

【その他メッセージ】

高校での交流会は、タイ人は歌や踊りが大好きなので、日本の伝統的な歌や踊り、それに加えて最近の流行のものを紹介するととても喜ばれると思います。タイではコスプレが人気があるので、バリエーションに富んだものを交流会で提供できるととても盛り上がると思います。

参加者の声 一覧ページへ戻る

TOP OF PAEG