参加者の声

参加者の声 一覧ページへ戻る

【2013年度春学期 海外実習/海外実践】 平澤 栄子さん

2013.10.02


──────────────
平澤 栄子さん
所属・学年:日本語教育研究科修士課程1年
派遣先国:インドネシア 期間:2013/9/1-9/17
──────────────

【海外実践・海外実習の活動内容】

インドネシア、バンドゥンにあるパジャジャラン大学での実践に参加しました。今回は教壇実習や日本語ラウンジのほか、「日本語を教えよう」や「わたしたちのお茶会」というプロジェクトを提案し、早稲田大学の学生とパジャジャラン大学の学生がお互いに学び合えるような活動を実施しました。「日本語を教えよう」は第二外国語を学ぶ意義についてそれぞれの考えを共有し、最終的には「日本語」ではなく、「インドネシア語」を日本人学生に教えるという企画に変更しました。その結果、双方が学び合えるより深い交流の場を作ることができました。
また、「わたしたちのお茶会」では、茶道を体験したことがないインドネシアの学生と日本の学生がともに、アイデアを出し合いながら世界に一つだけのお茶会を企画、実行しました。準備は大変でしたが、一人一人が役割を全うし、すばらしいお茶会になりました。どちらも笑顔のあふれる、とても楽しい活動でした。

【本プログラムに参加しての感想】

出発直前までなかなか実践内容やスケジュールが決まらないという状況で、どうなることかと非常に不安でしたが、行ってみてそんな不安は一掃されました。現地では急な変更や予想外の展開もありましたが、派遣メンバー全員でアイデアを出し合い、協力しながら主体的に活動を行った結果、活動終了後にはすばらしいチームになりました。インドネシアの温かい人々や笑顔に囲まれて、心に残る交流ができたこともすばらしい体験でしたが、みんなでやり遂げたという達成感を味わえたことで実りの多い実習となりました。

【今後本プログラムに参加する方へのアドバイス】

とにかく、体調管理が重要です。自分は大丈夫と思っていても、慣れない気候や食べ物、生活等で体調を崩す参加者も多かったです。現地では「あれもやりたい、これもやりたい」という好奇心から、つい無理をしてしまいがちです。出発前から、体調を整えておくことが大切だと思いました。現地で寝ているのはもったいない。体調が万全なら、心底楽しい体験ができますよ。出発前に無理をしないように。

【その他メッセージ】

とにかくインドネシア、バンドゥンののんびりした空気と温かい人々、おいしい料理に囲まれ、インドネシアが大好きになりました。また、行きたい!

参加者の声 一覧ページへ戻る

TOP OF PAEG