参加者の声

参加者の声 一覧ページへ戻る

【2013年度春学期 海外実習/海外実践】 関 裕子さん

2013.10.02


──────────────
関 裕子さん
所属・学年:SILS 4年
派遣先国:インドネシア 期間:2013/9/1-9/17
──────────────

【海外実践・海外実習の活動内容】

パジャジャラン大学日本語学科の生徒に実際に授業を行うだけでなく、こちらが企画した「日本語を教えようプロジェクト」「ラウンジ」「私たちのお茶会」「文化交流祭」などを現地学生と行った。「先生と生徒」という関係というよりは日本語を話す新しい友達というようなかんじで、私たちも彼らからインドネシア語や文化・宗教についてたくさん教えてもらったし、対等な立場だったように思う。企画も、単発ではなく、今後も彼ら自身や次のSENDプログラム派遣者によって続けていってもらえるようなものを意識したため、息の長い交流を今後とも期待したい。

【本プログラムに参加しての感想】

現地の学生の高いモチベーションやエネルギーに助けられ、本当におもしろい実習となった。出発前はわからないことだらけの中予定を立てなくてはならず、うまくいかないことも多かったが、現地に行って、学生とコラボすることで自分たちがはじめに想像もしていなかったようなおもしろいものがうまれ、結果的に日本人-インドネシア人両方が「たのしかった」といえるような企画に仕上がったと思う。
また今回年齢の近い学生がたくさんいたことも、パジャジャラン大学の学生の「友達」感覚を引き出し、より活発に日本語でコミュニケーションをとるきかっけになったんじゃないかと感じた。

【今後本プログラムに参加する方へのアドバイス】

たいていのことは予定を立てたってうまくいきません。自分の予定通りにものごとを進めようと、カチカチのスケジュールを立てるよりは、向こうから変更の申し出をされても「あ、オッケー」と臨機応変に対応策を練るほうがずっとインドネシアの風土に合っているし、結果的にうまくいきます。その応用力も、立派な能力のひとつです。一方的に「やってあげる」という気持ちで挑むよりは、自分も教えてもらう気持ちで、対等な立場として行くと、みんなとても親切にしてくれ、実習後もプライベートでは仲よくなれる友達になることができると思います。元気にあいさつすることを忘れずに!!

【その他メッセージ】

最初から最後まで、きめ細かいサポートをどうもありがとうございました。
これからもぜひ、このような相互が学びあえるプログラムを増やしていって下さい。

参加者の声 一覧ページへ戻る

TOP OF PAEG