参加者の声

参加者の声 一覧ページへ戻る

【2013年度秋学期 海外実習/海外実践】デ・ラ・サール大学 F.N.さん

2014.10.31


──────────────
国際教養学部2年 F.N.さん
派遣先大学:デ・ラ・サール大学(フィリピン)
期間:2014年2月9日~2月23日
──────────────

【研修内容の説明(自分たちのやったこと)】

まず、学期中に「海外実習」の講義内で実際に海外へ行ってからの実習に備えるための様々な準備を行った。初めは派遣予定国の文化や生活について調べてプレゼン。次に、どこでも使える「課外活動」として利用できそうな案を企画・プレゼン。授業後半にさしかかるころには具体的な派遣先国/大学が決まったため、同派遣先の人たちでグループとなり、具体的にその派遣先に合わせたスケジュールに必要な授業案や活動案を用意した。
実際の海外実習では、現地の大学の授業を見学したり、参加したり、自分たちが教える側として教育実習を行ったり、また、現地の学生と交流したりと様々な活動を行った。派遣先や派遣人数は学期ごとに異なるため、状況は多少変わる可能性があるが、チーム内でよく話し合い様々な企画を実施する、ということはどこでも共通の課題である。
自分の場合はフィリピンのデ・ラ・サール大学(DLSU)が実習先であった。大学院生1人、学部生4人の合わせて5人構成。期間は2月9日(日)~2月23日(日)の2週間。最初の一週間は授業見学および文化紹介の課外活動(書道、日本のバレンタイン事情紹介、日本のお祭り紹介/体験)を行った。2週目は授業見学に加え、教育実習として授業の一部を担当した。また、現地学生との交流の機会も多く、上記のような活動企画や教育実習をしながらも、例えば昼食や夕食は現地の学生と一緒に食べたりして過ごした。

【SENDプログラム全体(授業から派遣終了まで)でよかった点】

・事前に「授業」という決まった時間枠で大勢と直接話し合いながら準備ができること。
・派遣者経験者の話を聞いたり、派遣経験者に話を聞いてもらったりできたこと。
→以前の派遣経験者が、授業中にわざわざ来て教育実習を再現してくださったり、行った活動の説明をしてくださったりした。そのため、具体的なイメージをつかみやすくなった。

【次の参加希望者に対するメッセージ】

最初はイメージが漠然としていて、どうしたら良いのかわからず悩むことが多いかと思います。自分も実際に実習をする!というところに達するまでは結局具体的なイメージはつかめないままでいました。実際の活動を通し、このときこうしておけばよかった、ということはいくつも思いつきます。事前に調べておくことや準備しておくことができた、と後から反省することは多くあります。ですが、あまり不安がらずにとにかく実践する!という意思が何よりも一番大切であったと全ての過程を通して知ることができました。決してただ海外に行ってみたいという軽い気持ちでできるプログラムではありませんが、新しいことに挑戦したい、それに向けて精一杯のことをしたい、という気持ちさえあればとても充実した時間を過ごすことができると思います!ぜひ参加してみてください!

参加者の声 一覧ページへ戻る

TOP OF PAEG