参加者の声

参加者の声 一覧ページへ戻る

【2013年度秋学期 海外実習/海外実践】マラヤ大学 S.K.さん

2014.10.31


──────────────
教育学部3年 S.K.さん
派遣先大学:マラヤ大学(マレーシア)
期間:2014年2月16日~3月3日
──────────────

【研修内容の説明(自分たちのやったこと)】

消しゴムはんこと年賀状作り体験や日本文化紹介、大学紹介パンフレット作りといった課外活動のほか、
ひらがなとカタカナの教壇実習を行いました。

【SENDプログラム全体(授業から派遣終了まで)でよかった点】

授業だけでなく派遣終了まで先生、職員の方々、保険会社の方などあらゆる方の万全な指導とサポートが背後にありながらも、その上で日々の生活(食事、交通、移動、困ったときの対処含む)、すべての活動、授業を学生の主体に任せてもらえたことが何よりもありがたかった。
派遣されて最初のころは本当にすべて学生に放任形式なのだなと正直不安で心もとなかった。
だが次第に自分が気づいている以上に多くの人が自分たちを気にかけてサポートしてくれていること、そのおかげで自分たちが1から計画を作り上げて実行することができて、またまるで現地の学生と同じように暮らし、マレーシアの素の生活を体験することができたこと、自分たちでやりきったのだという達成感を得ることができたのだということに気づいてきた。

そのほかにも、クラス全体で仲良くなれる機会や空気もあり、また先生だけでなく前期派遣者とも連絡がとりやすい環境があったので、いろんな人に意見を求める場が整っていたのが良かった。
派遣中に先生が頻繁にFacebook上で連絡してくださったのが心強くうれしかった。

【次の参加希望者に対するメッセージ】

このプログラムを最初にとった段階ではどうなるのか、何をするのかわからないと思うかもしれません。
でもそれを決められるのは自分自身であり、行ってみなければわからない部分が大きいので、とにかく参加して全力で取り組んでみてほしいです。

参加者の声 一覧ページへ戻る

TOP OF PAEG