参加者の声

参加者の声 一覧ページへ戻る

【2014年度春学期 海外実習/海外実践】ナレースワン大学 D.F.さん

2014.10.31


──────────────
大学院日本語教育研究科1年 D.F.さん
派遣先大学:ナレースワン大学(タイ)
期間:2014年8月24日~9月8日
──────────────

【研修内容の説明(自分たちのやったこと)】

(1)カタカナ授業→4回@100分。1回目はア〜サ行と単語導入、2回目はタ〜ハ行と単語導入、3回目はヤ〜ン行と単語導入、4回目は特別カ タカナとリスニング・ディクテーション。1回目ではひらがな野復習をしてからカタカナを導入した。2回目から小テストをした。
(2)カタカナ授業→10回(3グループのクラス+1見学)@前半40分。内容はカタカナの導入。
(3)漢字添削と学生の面談→5人の漢字ワークブック(1人2〜3冊)を添削して全員に面談をした上で評価した(評価シートに)。
(4)ビジネス日本語→4年生の会話相手として文章を聞いたり、間違いところを直したりした。
(5)会話→グループに回って、学生と日本語の会話練習をした。
(6)会話→教科書にある会話例文に従って学生と会話練習をした。
(7)課外活動・授業 →ナレースワンビデオ作成をテーマにし、6回の授業でグループ毎にビデオを作成した。最後に発表会で1位を決めた。
(8)文化イベント →それぞれ日本の地方の特徴や名物を紹介したブース、茶道の体験、浴衣の体験、日本の伝統的な遊び、折り紙、早稲田留学ブース、タイの学生のパフォーマンス(日本語学科の学生たち)。

【SENDプログラム全体(授業から派遣終了まで)でよかった点】

(1)日本語教育が異なった背景を持っている方々との相談・話し合い・議論ができること。
(2)ほとんどチームワークの作業なので、コミュニケーション・寛容・異文化理解・協力・協働・連帯を学ぶこと
(3)タイの日本語教育を直接体験ができること。さらに、日本語学科の先生方といろいろ相談・話を聞かせていただいたこと(カタカナの教授法、タイの日本語教育の事情・教科書、国際交流基金のつながりによるインドネシア~タイの日本語教育のネットワークについて)
(4)ナレースワンの学生たちと交流できること。毎日、笑顔で話しかけたり、案内してくれたり、美味しいタイ料理を食べさせてもらったり一緒に遊んでくれたりして、アットホームな感じだった。彼らのおかげで、忙しい日々の中でも、笑顔を忘れずやり続けた。
(5)自分の振り返り・反省ができること。

【次の参加希望者に対するメッセージ】

準備を含めかなり長い実習だし、準備も大変だが、非常に有意義なプログラムである。日本語教育はもちろん、異文化理解や人間関係をより深く再認識できる機会に溢れている。現地での出来事や絆がこのプログラムの魅力である。

参加者の声 一覧ページへ戻る

TOP OF PAEG