参加者の声

参加者の声 一覧ページへ戻る

【2014年度春学期 海外実習/海外実践】チェンマイ大学 I.K.さん

2014.10.31


──────────────
先進理工学部2年 I.K.さん
派遣先大学:チェンマイ大学(タイ)
期間:2014年8月24日~9月8日
──────────────

【研修内容の説明(自分たちのやったこと)】

私たちがチェンマイ大学での研修中に行った活動は主に以下の5つである。
まず、文法専攻の4年生向けの授業「モダリティ」を受け持った。2回にわたって「わけだ・はずだ を通じてモダリティの有無が聞き手に与える印象の違いを知り、実際にアウトプットする」という内容で授業をした。時間は各回45分だった。
また、日本について専攻している大学院修士一年生の[News&Japan]という3時間の授業を2回担当した。テーマは「女子のライフプランニングと婚活」である。一回目はあらかじめ配布済みの文章と確認問題を用いて、日本では男が働き女は家を守るという典型例が崩れ始め、多様な選択肢が広がる一方、社会はそれに間に合っていないこと等を伝えた。二回目は前回の内容をふまえ、タイの結婚・仕事事情等を事前に調べてもらい、グループに分かれて共有し合い、最後は話しあった内容を日本語で発表した。
さらに、日本語学科の一年生から五年生までを対象に、課外授業を行った。この授業では、参加者に日本のアニメや漫画の声優を体験してもらった。各回2時間から2時間半で4回行った。扱った作品は・サザエさん・一リットルの涙・花より男子・君に届けの4つであり、どの作品も7分程度の場面を取り出したものである。一つの作品に早稲田生は一人ないしは二人付き、自然な日本語のイントネーションなどを学んでもらった。
日本語学科の学生を対象に日本の文化紹介イベントも行った。約2時間半の間に・抹茶アイス作り・スイカ割りを行った。
最後に、チェンマイ市内の高校を2校訪問した。一校目のチェンマイクリスチャン高校では、高校生からのインタビューを受けた後、書道を用いたゲームを行った。その後、昼食を一緒に食べ、高校生達とチェンマイ郊外まで観光に行き、交流を深めた。二校目のレジナ高校では、同じように高校生からインタビューを受け、高校内を見学した。幼稚園から高校まで一貫教育を行っており、小学校での日本語の授業等も見学した。

【SENDプログラム全体(授業から派遣終了まで)でよかった点】

書く課題が多かった点がある。短期研修はとかく「楽しかった」「貴重な経験だった」で終わりがちである。しかし、毎日の日報やこういったアンケート等で、一体自分が何を今日体験しそれはどうだったのか、自分の中でより明確にすることができた。

【次の参加希望者に対するメッセージ】

派遣までに(知識無いなりに)自分のベストを尽くすこと、派遣中も自分のベストを尽くす(ただし体調を崩すともったいないので適度にサボる)ことが、充実した2週間への鍵だと思います。

参加者の声 一覧ページへ戻る

TOP OF PAEG