参加者の声

参加者の声 一覧ページへ戻る

【2014年度春学期 海外実習/海外実践】南洋理工大学 L.Y.さん

2014.10.31


──────────────
政治経済学部3年 L.Y.さん
派遣先大学:南洋理工大学(シンガポール)
期間:2014年8月18日~9月1日
──────────────

【研修内容の説明(自分たちのやったこと)】

私は2014.8.18から2014.9.1まで約二週間シンガポール南洋理工大学(NTU)に派遣されました。
主に三つのことをやりました。
1.NTUの日本語クラスJ1,J2J3,J7(J1〜J7は初心者ベレルから上級へ)に見学させてもらいました。J1,J2,J3,J4のクラスで会話練習の手伝いをしました。J7のクラスで先生の要望によって日本の就職事情を紹介しました。
2.NTUの学生団体日本愛好会の活動に参加してもらいました。メーバーたちと夏祭り、会員面接会、新会員披露会、寮BBQ、日本語カラオケ、懇親会などをやりました。
3.文化交流を実施し「私たちの日本四季」を紹介しました。「アルゴリズム体操」「アルゴリズム行進」「だるまさんが転んだ」「伝言ゲーム」を参加者と一緒にやりました。

【SENDプログラム全体(授業から派遣終了まで)でよかった点】

1.異文化交流してお互いに勉強することができました。現地の学生たちから案内してもらいシンガポールの観光地、多民族文化、物価、交通機関、若者ファッションなどいろいろ体験することができました。
2.私は留学生として日本での留学経験や日本語学習で苦労した点を同じく日本が大好きな学生たちと交流できてよかったと思います。
3.チーム全員6人だけで(大学院生2人、学部生4人)すべての行動してきました。チームワークの練習についてたいへん良い経験だと思います。
4.人的ネットワークを作って帰国後にもSNSで続けて連絡を取っています。再会を楽しみにしています。

【次の参加希望者に対するメッセージ】

日本語教師を目指していない方、留学生の方にもおすすめられるプログラムだと思います。
派遣される私たちも現地の学生たちも同じく大学生なので、楽しく異文化交流してお互いに学ぶことがたくさんできるのが大事だと思います。

参加者の声 一覧ページへ戻る

TOP OF PAEG