参加者の声

参加者の声 一覧ページへ戻る

【2014年度春学期 海外実習/海外実践】コンケン大学教育学部 N.K.さん

2014.10.31


──────────────
教育学部3年 N.K.さん
派遣先大学:コンケン大学教育学部(タイ)
期間:2014年8月24日~9月13日
──────────────

【研修内容の説明(自分たちのやったこと)】

タイのコンケン大学に3週間派遣されて、(1)教育学部の日本語教育課程専修の4年生達と一緒にコンケン市内の中高へ行き、日本語日本文化プロモーションを行ったり、(2)同じく日本語教育課程の1年生達に日本文化授業を2週に渡ってやらせてもらったりした。内容は書道や掛け軸作成で、書道未体験の学生が日本文化に触れる機会を作れたかなと思う。(3)また、6日間、コンケン大学内にある教育学部付属中高へ実習に行き、日本語学習者の授業を見学したり、授業をさせていただいたりした。

【SENDプログラム全体(授業から派遣終了まで)でよかった点】

大学からのサポートが手厚くて、また、わざわざコンケン大学まで担当教員が状況を見に来てくれて安心しました。サポート体制が整っていると感じていました。

【次の参加希望者に対するメッセージ】

僕の海外実習を取ろうと思った理由は、「早稲田がなんかすごいプログラムやってる!」という好奇心からでした。決まっていた履修登録を考え直して、勢いでプログラムに参加しました。
それまでは日本語教育に全く関わった事がなく、自分に上手くやれるのかがとても不安でしたが、授業を通して不安は解消していった気がします。履修しようか迷っている人!勢いで取っちゃってもいいし、SENDスタッフや先生に聞いて悩み抜いてもいいと思う。このプログラムは得る事はとても大きいけれど、その分準備にものすごく時間を要します。海外に行きたいからという理由だけで取ると、後々後悔することになるかもしれません。やるからにはしっかりと!きっとあなたの視野を広げてくれることでしょう。学生時代の大切な経験になることは間違いないです。OBやOGとのつながりも強く、SENDスタッフの心強いサポートもあり、環境は整っていますよ。最後に一言。。。
【集まり散じて人は変われど 仰ぐは同じき理想の光 早稲田の杜に集いし我ら 若き情熱 SEND魂!】

参加者の声 一覧ページへ戻る

TOP OF PAEG