参加者の声

参加者の声 一覧ページへ戻る

【2014年度春学期 海外実習/海外実践】チュラーロンコーン大学 S.C.さん

2014.10.31


──────────────
文化構想学部4年 S.C.さん
派遣先大学:チュラーロンコーン大学(タイ)
期間:2014年8月27日~9月13日
──────────────

【研修内容の説明(自分たちのやったこと)】

・タイ早稲田日本語学校、チュラーロンコーン大学、付属高校での授業見学
・チュラーロンコーン大学にて課外授業の担当(全4回)
・チュラーロンコーン大学の日本語学科の学生の授業サポート(グループ分けされたところに1人ずつ参加し、アドバイスや指摘をしていく)
・毎日の出来事を日報として記録していく

【SENDプログラム全体(授業から派遣終了まで)でよかった点】

これまでに派遣者された学生が授業に来てビデオを見せながら説明してくれたり、話を聞かせたりしてくれたので授業の段階でイメージがしやすくてよかったです。派遣先の大学が決定してからは派遣先ごとでの活動が中心でしたが、コースナビを活用してSEND全体での情報交換もできていたのは非常によかったと思います。また、派遣の前後に個人面談の時間を設けてフォローしてくださる点もありがたいと感じました。

【次の参加希望者に対するメッセージ】

海外の大学生(日本に興味をもってくれている大学生)と交流するのはとても楽しいし、よい経験になります。
アニメや漫画、日本の芸能人に詳しい学生も多いので、メジャーどころは押さえておくといいかもしれません。
また、日本語教育の研修生(仮にも日本語教師のたまご)として生徒に紹介されるので、副専攻「日本語教育学研究/マルチリテラシーズ」の他科目も受講し、さまざまな知識を備えておくと尚良いと思います。早稲田大学日本語教育研究センターの科目は留学生の履修者も多く、日本語を学習している外国人と話をする良い機会にもなるので日本語学習ボランティア制度もおすすめです。

参加者の声 一覧ページへ戻る

TOP OF PAEG