参加者の声

参加者の声 一覧ページへ戻る

【2014年度秋学期 海外実習/海外実践】デ・ラ・サール大学 K.Y.さん

2015.04.13


──────────────
大学院日本語教育研究科1年 K.Y.さん
派遣先大学:デ・ラ・サール大学(フィリピン)
期間:2015年2月5日~2月18日
──────────────

【研修内容の説明(自分たちのやったこと)】

・お祭りで「コスプレ」「かんぽっくり」「しゅりけん」という3種類のブースを作り、縁日のような活動を行った。
・公開講座のような位置づけで、書道の活動を企画し実施した。
・JAPALA1、JAPALA2、JAPALA5の3つの日本語のクラスの見学と授業実習を行った。
・学祭期間中だったため、現地の学生と一緒に学祭を体験した。

【SENDプログラム全体(授業から派遣終了まで)でよかった点】

大学院生の参加者として、学部生とのつながりが持てたこと、チームで一つのプロジェクトを作り上げていくことを経験できたことが良かった。
また、授業中にゲストスピーカーとして前回派遣の人が来てくださりお話を聞けたのも、出発前にイメージをふくらませる良い機会だった。

【次の参加希望者に対するメッセージ】

出発前はミーティングや準備があり、授業外で結構な時間を割かなければなりません。グループのメンバーとつくり上げるプロジェクトは、時に意見がぶつかることもありますが、本気でぶつかればぶつかるほど、良いものになります。SENDにはそういうグループでの活動を経験する機会があります。
派遣中は新しいことを毎日吸収し、発見と驚きの連続です。
私がSENDに参加してよかったと思うのは、日本語教育の知見を広げられたということはもちろん、何よりも多くの人との出会いがあったことです。人と出会うこと自体が自分の世界を広げることだとこの2週間で感じました。

参加者の声 一覧ページへ戻る

TOP OF PAEG