参加者の声

参加者の声 一覧ページへ戻る

【2014年度秋学期 海外実習/海外実践】南洋理工大学大学 M.D.さん

2015.04.13


──────────────
人間科学部3年 M.D.さん
派遣先大学:南洋理工大学大学(シンガポール)
期間:2015年2月16日~3月1日
──────────────

【研修内容の説明(自分たちのやったこと)】

研修期間は、2週間。

1週目は、様々な日本語クラスを見学し、ティーチング・アシスタントを経験。
また、早稲田渋谷シンガポール校を訪れ、これから大学進学を考える高校生たちに向けて、早稲田大学や大学生活について、プレゼンテーションをしてきた。
旧正月期間中は、シンガポール市内を周り、異文化に対する理解を深めた。

2週目は、授業見学をしながらの、ティーチング・アシスタントに加え、授業での実習を経験。
また、おしゃべりサロンという早稲田大学や日本の学生生活について、私たち派遣生がプレゼンテーションをした後、南洋理工大学(NTU)の学生たちと語り合うイベントを実施した。
さらに、文化交流会を開き、簡単なゲームやダンスをして、NTUの学生たちとの交流を深めた。
金曜日の夜には、NTUの日本愛好会のみなさんと、ホームパーティー兼お別れ会をした。

2週間という短い期間であったが、非常に充実した研修となった。

【SENDプログラム全体(授業から派遣終了まで)でよかった点】

南洋理工大学という非常に優秀な大学に通う学生たちと交流する機会が持て、大変刺激になったこと。
海外の日本語教育の現場を体験し、外国語学習のプロセスについて考えるきっかけとなったこと。
たくさんの先生方とお話することができ、今後の人生について考えるきっかけとなったこと。

【次の参加希望者に対するメッセージ】

海外実習をより充実したものにするには、準備をしっかりとすることが重要です。
しっかりとした準備をしておけば、どんな事態にも大抵対応することができます。
一生の思い出に残るとても貴重な経験となりますので、1日1日を大事にお過ごし下さい。

参加者の声 一覧ページへ戻る

TOP OF PAEG