参加者の声

参加者の声 一覧ページへ戻る

【2014年度秋学期 海外実習/海外実践】パジャジャラン大学 M.K.さん

2015.04.13


──────────────
大学院日本語教育研究科1年 M.K.さん
派遣先大学:パジャジャラン大学(インドネシア)
期間:2015年2月15日~3月2日
──────────────

【研修内容の説明(自分たちのやったこと)】

授業見学(初級、初中級、中級)
教壇実習(初級、初中級、中級)「ファッションについて」
課外活動(書道、すごろく・かるた、消しゴムハンコ)(インドネシアの折り紙、ゲームを教わる)
文化交流祭(運動会、ファッションショー)(インドネシアの伝統的な踊りを見る)
日本語ラウンジ(昼食時、学食で日本語学科の学生達と会話)

【SENDプログラム全体(授業から派遣終了まで)でよかった点】

15回の授業で既に派遣を経験した先輩方へのヒアリングを行い、事前準備などについてアドバイスを受けることができて良かった。また、今回UNPAD(パジャジャラン大学)には長期派遣されている方がいらっしゃったので、より詳しい情報を得ることができた。
派遣前に現地の様子を知ることができたのが大きかった。

空港へは行きも帰りも先生や学生が付いてくださったので、何の問題もなく移動することができた。2週間を通し、先生方と学生のみなさんのサポートが厚く、バスのチャーターや食事の注文など大変助かりました。

第1週目にある授業見学と課外活動を通して、早稲田生と現地の学生が仲良くなってたので教壇実習がスムーズに進んだ。全員が名札をつけたことことにより名前が覚え易くなり、とても良かった。

【次の参加希望者に対するメッセージ】

現地の方々は本当に優しいので、楽しくも学びの多い派遣になると思います。
日本のことをたくさん聞かれるので、日本人として外から日本を見るいい機会になります。お楽しみに!

参加者の声 一覧ページへ戻る

TOP OF PAEG