参加者の声

参加者の声 一覧ページへ戻る

【2014年度秋学期 海外実習/海外実践】デ・ラ・サール大学 M.S.さん

2015.04.13


──────────────
文学部3年 M.S.さん
派遣先大学:デ・ラ・サール大学(フィリピン)
期間:2015年2月5日~2月18日
──────────────

【研修内容の説明(自分たちのやったこと)】

DLSU(デ・ラ・サール大学)で日本語教育研修を行った。
お祭り企画:日本語コースを履修する学生と共にブース出展形式の文化交流(かんぽっくり、コスプレ、手裏剣ゲーム)
書道:日本文化体験の機会を提供するため、現地のNKK(日本研究会)メンバーと協力して書道ワークショップを行った。具体的には参加した学生の名前のひらがな(あるいは希望により漢字)で表記し、うちわを作ってもらった。
日本語授業:初級(JAPALA1カタカナの導入、JAPALA2「〜してもいいですか」アクティビティ)、中級(JAPALA5、「ながら」の導入)のクラスの授業を担当した。

【SENDプログラム全体(授業から派遣終了まで)でよかった点】

派遣前は、前回派遣生と連絡を取れたのが良かった。準備などでわからないことをすぐ確認できたので助かった。
派遣中はStudent Buddyたちのサポートがとても良かったです。着いてすぐ生活面などのアドバイスをもらえたり、一緒に食事をしたりと、とりわけ深くかかわることができました。

【次の参加希望者に対するメッセージ】

日本語教育学を副専攻として学ぶ人には特に良いコースだと思います。修了前に実際に、特に海外の教育現場の教壇に立つことができたのは非常に得難い経験でした。日本語教育のキャリアにおいて少し自信がつきました。

参加者の声 一覧ページへ戻る

TOP OF PAEG