参加者の声

参加者の声 一覧ページへ戻る

【2014年度秋学期 海外実習/海外実践】マラヤ大学 O.A.さん

2015.04.13


──────────────
大学院日本語教育研究科1年 O.A.さん
派遣先大学:マラヤ大学(マレーシア)
期間:2015年2月22日~3月8日
──────────────

【研修内容の説明(自分たちのやったこと)】

教科実習は、げんき6課て形の導入と、て形を使った表現の理解と練習。また別のクラスではひらがな・カタカナの学習。課外活動は、「学校生活の紹介」「ちぎり絵でうちわを作る」「お茶を点てて飲む体験」を通じて、マ・日の文化の違いを意識しつつ日本らしさを実感し、日本への興味を深めてもらう。

【SENDプログラム全体(授業から派遣終了まで)でよかった点】

日本語学習のみにとどまらず、交流活動を通じ、コミュニケーションの頻度をアップすることが相互理解に大きく寄与することを実感できる。またチームで活動することの難しさや、共に考え行動することの楽しさも経験できる。チーム力を鍛える場でもある。

【次の参加希望者に対するメッセージ】

派遣先では、日本のことを知りたいという要望が強かったので、できるだけバラエティに富んだ日本の紹介を織り交ぜることを提案する。難しい解説よりも、楽しく体験するような内容で。現地に行く前に、個人個人で知りたいことを考えておくことも重要だと思う。チームでの目標も大切だが、現地でコミュニケーションをとる場合、個人対個人の対話では、こちらからの情報提供と同様に、相手に相手の得意なことよく知っていることを話してもらうことが、仲良くなるきっかけになる。そして、派遣先での交流は、自チーム内の結束でよりスムーズになると思う。チームの人間関係を良好に保つことは、リーダー任せにせず、ひとりひとりが心がけて初めて成り立つ。個々人のアイディアや意見をはっきり示すことと、お互いの気持ちを勘案することがバランスよくできたチームが現地でより充実した活動を実施できると思う。

参加者の声 一覧ページへ戻る

TOP OF PAEG