参加者の声

参加者の声 一覧ページへ戻る

【2014年度秋学期 海外実習/海外実践】パジャジャラン大学 S.M.さん

2015.04.13


──────────────
社会科学部4年 S.M.さん
派遣先大学:パジャジャラン大学(インドネシア)
期間:2015年2月15日~3月2日
──────────────

【研修内容の説明(自分たちのやったこと)】

・1~3年生までの授業見学
・1~3年生までの教壇実習
・日本語ラウンジ(昼休みに食堂でおはなし)
・イベント(かるた・すごろく・書道・けしごむハンコ・折り紙・インドネシアの遊び)
・文化交流(運動会・ファッションショー)
以上が決められていたスケジュール。あとは、空いてる時間はほぼ現地学生とともに過ごした。最後には日本語学科1年生主催の文化祭のようなイベントがあり、大変盛り上がった。

【SENDプログラム全体(授業から派遣終了まで)でよかった点】

東南アジアという、同じアジア圏でも異なる背景をもつ国々に派遣されることで、新しい発見が多くあった。
全て学生主導で計画を立てていくため、ひとりひとりに責任感が生まれた。チームの人数も丁度よく、日に日に結束が強まっていくのを感じた。
ホームステイがあったり、現地学生との交流の機会が非常に多く、新しいつながりができてよかった。
日本語教育について少しだけだが触れられて、現地で教える苦労を感じた。

【次の参加希望者に対するメッセージ】

興味があるなら絶対に参加すべきプログラムだと思います。日本語教育と聞くととっつきにくい部分があるかもしれませんが、そこは派遣チームの皆の協力があるので大丈夫です。ぜひ、多くの友達をつくってほしいです。

参加者の声 一覧ページへ戻る

TOP OF PAEG