参加者の声

参加者の声 一覧ページへ戻る

【2014年度秋学期 海外実習/海外実践】マラヤ大学 T.Y.さん

2015.04.13


──────────────
大学院日本語教育研究科1年 T.Y.さん
派遣先大学:マラヤ大学(マレーシア)
期間:2015年2月22日~3月8日
──────────────

【研修内容の説明(自分たちのやったこと)】

課外活動
①大学生活:お互いを知ることを目的に、自分たちの生活の写真を題材に、
お互いの生活や考え方についてディスカッションしました。
②ちぎり絵:世界遺産となった「和紙」について紹介し、ちぎり絵をうちわの上に
作りました。
③お茶:お茶文化について紹介し、実際に「茶道」を行いました。

教壇実習
①ひらがな:「ひらがなの復習」をテーマに、書き方の指導や定着のためにゲームを
用いた練習を行いました。
②カタカナ:「カタカナの導入」、発音から、書き方、定着のためにゲームを用いての
指導を行いました。
③「げんき」L6:日本の生活場面の写真を用いながら、L6の文法の導入から練習
までを行いました。

【SENDプログラム全体(授業から派遣終了まで)でよかった点】

学部生と大学院生が同じグループで派遣されたことは非常によい経験でした。
学部生の日本語母語話者としての視点や若者言葉を使う世代であることが、
よい刺激になりました。私自身の日本語は無意識に日本語の文法積み上げの
教科書に即しており、現実の日本語とかけ離れているのではないかと感じました。

【次の参加希望者に対するメッセージ】

思いがけない発見や経験にあふれるプログラムです。私は、こんなことしていいかな?
と遠慮してしまったなと反省しています。やってみたいことはどんどん提案して、
積極的に参加すれば、参加するだけ得られるものが多いと思います。

参加者の声 一覧ページへ戻る

TOP OF PAEG