参加者の声

参加者の声 一覧ページへ戻る

【2015年度春学期 海外実習/海外実践】チェンマイ大学 B.Z.さん

2015.10.27


──────────────
大学院日本語教育研究科1年   B.Z.さん
派遣先大学:チェンマイ大学(タイ)
期間:2015年8月27日~9月12日
──────────────

【研修内容の説明(自分たちのやったこと)】

研修内容は授業実習、課外活動、高校訪問、市内観光、文化紹介、スピーチコンテストの審査などからなっています。授業実習はモダリティの授業3回+クイズ1回、音声の授業2回+クイズ1回、院生の日本の文学と社会の授業1回+インタビューの相手1回からなっています。
課外活動の内容は日本語のアクセントとイントネーションで、4回実施しました。
市内観光はバディの案内でドイステップ、象キャンプ、サンデーマーケットなどへ行きました。高校訪問は2回でレジナ高校とクリスチャン高校へ訪問しました。文化紹介で日本のゲームをやりました。スピーチコンテストでは発音を重視した早稲田賞を審査して決めました。

【SENDプログラム全体(授業から派遣終了まで)でよかった点】

チェンマイ大学ではたくさんの授業をするチャンスがあります。教壇実習の経験をたくさん積めてよかったと思います。バディのみなさんがいつも放課後の世話をしてくれて生活面で不便なことなく過ごしてよかったと思います。

【次の参加希望者に対するメッセージ】

旅行気分で参加するのをやめたほうがいいです。
中途半端な授業実習じゃなくて本当の授業ができるので、自分のしたい授業をすることが出来ます。派遣先大学の学生さんの納得の行く顔を見ると教師という仕事の達成感を感じられます。
タイの場合、白いシャツと黒いスカート(スボン)を絶対持っていってください。本当に毎日着ますので。
美味しいものをぜひたくさん食べてください。日本に帰ってから何でも高いから。。。

参加者の声 一覧ページへ戻る

TOP OF PAEG