参加者の声

参加者の声 一覧ページへ戻る

【2015年度秋学期 海外実習/海外実践】デ・ラ・サール大学 C.N.さん

2016.06.12


──────────────
文化構想学部3年   C.N.さん
派遣先大学:デ・ラ・サール大学(フィリピン)
期間:2016年2月7日~2月20日
──────────────

【研修内容の説明(自分たちのやったこと)】

日本では自分が担当するクラスの授業の準備。派遣先大学の先生やバディとのやりとり、教科書からの情報収集。
派遣されてからは、授業見学。祭り(文化交流会)の実施。そして実際に授業を行うこと。

【SENDプログラム全体(授業から派遣終了まで)でよかった点】

自分たちが感覚的に使っている言語を考え直す機会を与えてくれる。
海外(派遣先)での日本語教育の現場を知ることができる。
海外から日本への評価、興味などを知ることができる。
新しい価値観や意見を知ることができる。
その中で自分を見つめなおすことができる。
新しい縁ができる。
視野が広がる。

【次の参加希望者に対するメッセージ】

事前準備はしっかりと取り組みましょう!2週間も同じメンバーと一緒になるので、メンバー同士たくさん会って話し合うことも大事です。
このプログラムは思った以上に得るものが大きく、中には大学生活の中で一番充実していたと言う人もいるほどですが、やはりそれは自分がどう取り組むかという姿勢に大きく左右されるので、大変です。ですが、がんばった分だけ得るものもたくさんありますよ!

参加者の声 一覧ページへ戻る

TOP OF PAEG