参加者の声

参加者の声 一覧ページへ戻る

【2015年度秋学期 海外実習/海外実践】デ・ラ・サール大学 T.H.さん

2016.06.12


──────────────
大学院日本語教育研究科1年   T.H.さん
派遣先大学:デ・ラ・サール大学(フィリピン)
期間:2016年2月7日~2月20日
──────────────

【研修内容の説明(自分たちのやったこと)】

① 授業見学
現地大学の日本語授業の見学、国際学部の見学を行った。日本語の授業では、早稲田生と現地の学生が日本語で会話練習をしたり、インタビューをしあったり、一緒に日本語の勉強をした。
② 文化活動
「祭り」をテーマに、私たちは「コスプレ、豆うつし、射的、折り紙相撲」を行った。それぞれ4つのブースに分かれ、現地の学生と一緒に、ゲームをしたり、日本の遊びを教えたりし、沢山交流をしました。
③ 実習
JAPALA1、4、7の日本語のクラスで、一コマ90分の日本語の授業を担当しました。それぞれ、現地に行く前から教案、教材を考え作成し、現地へ行って実習を行いました。

【SENDプログラム全体(授業から派遣終了まで)でよかった点】

① 授業
授業では、実習で使うスライド、教案のチェックの時間を毎回設けていただき大変役立ちました。毎回緊張感をもって授業に取り組むことができ本当によかったです。

② 派遣中
派遣では、デ・ラ・サール大学の学生、先生に支えられ、本当に実りある研修になりました。常に、バディたちが相談にのり、助けてくれたので困ったことは何一つありませんでした。

【次の参加希望者に対するメッセージ】

派遣は、本当に一つの糧になり、よい成長を遂げさせてくれると思います。現地に行ってからの積極性や交流も大切ですが、派遣前の準備やメンバーや現地との学生との話し合いもとても大切です。海外実践の授業から派遣終了までが、大切な時間です。この貴重な機会を無駄にしないで、今しかできないこの機会を実りある自分の経験にしてください。

参加者の声 一覧ページへ戻る

TOP OF PAEG