参加者の声

参加者の声 一覧ページへ戻る

【2015年度秋学期 海外実習/海外実践】南洋理工大学 K.A.さん

2016.06.12


──────────────
大学院日本語教育研究科1年   K.A.さん
派遣先大学:南洋理工大学(シンガポール)
期間:2016年2月15日~2月27日
──────────────

【研修内容の説明(自分たちのやったこと)】

・日本語クラスの見学
・日本語クラスの実習
・語学クラスの聴講
・専門科目クラスの聴講
・日本文化の紹介
・早稲田大学の紹介

【SENDプログラム全体(授業から派遣終了まで)でよかった点】

南洋理工大学(NTU)に関しては、シンガポールの気候やホテルの設備やサービスが良かったため、生活に困ることは少なく、授業の見学や実習に集中出来る環境が整っていた。

【次の参加希望者に対するメッセージ】

派遣先やそこで関わる人たちによって得るものは大きく違う。教壇に立つことのみを目的とせず、大きく視野を持ち、日本語教育に関することだけでなく、様々な学びを期待できる人に向いていると思う。また、NTUに関しては見学や実習の時間が少ないため、それ以外の自由な時間に何をするかが重要。それは観光でもいいが、自分の場合はNTUの学生と密に話すことであった。自分はそういう期待は当初あまりなく、反対に不安だったが、結果としてそういった時間が一番充実していたように感じる。

参加者の声 一覧ページへ戻る

TOP OF PAEG