参加者の声

参加者の声 一覧ページへ戻る

【2016年度春学期 海外実習/海外実践】チュラーロンコーン大学 A.T.さん

2016.11.14


──────────────
大学院日本語教育研究科1年   A.T.さん
派遣先大学:チュラーロンコーン大学(タイ)
期間:2016年8月24日~9月10日
──────────────

【研修内容の説明(自分たちのやったこと)】

チュラーロンコーン大学の文学部日本語専攻の学生、また、BALAC( Bachelor of Arts Program in Language and Culture )の日本語副専攻の学生に対し、日本語の授業をしたり、個別チューターとしてアクセント指導を行ったりした。
具体的な内容は、次の5つであった
①日本語専攻の3年生に対するアクセント・発音指導。
②日本語専攻3年生の「日本語会話」という授業に参加。
③BALAC3年生の「日本語基礎読解」という授業で漢字指導。
④BALAC3年生の「日本語基礎聴解」という授業に参加/授業を行った。
⑤日本語主専攻2年生の「日本語聴解」という授業で、学生と協働で高校生向け聴解教材を作る活動をした。

【SENDプログラム全体(授業から派遣終了まで)でよかった点】

先輩の話を聞く機会がたくさんあった。
バディ制度はありがたかった。タイのことについてよく教えてくれるし、仲良くなれて特別な滞在になったと思う。
泊まるところが、立地的にもシステム的にもとても便利だった。
先生方が、お忙しいのに私たちのことをいろいろ考えて、授業やプレゼンをする機会を与えてくださった。

【次の参加希望者に対するメッセージ】

教育経験があっても、違う環境を見ることはなかなかできないことだし貴重な機会だったと思う。
むしろ、教育現場を全く知らないで行くのはすこしもったいない気がした。先生方がどこに苦労していてどこを工夫しているのか、教育経験があればよく理解できたと思う。
程よく旅行気分も味わえ、たくさんの人と出会い、教師としても学生としても多くを吸収できた派遣だった。

参加者の声 一覧ページへ戻る

TOP OF PAEG