参加者の声

参加者の声 一覧ページへ戻る

【2016年度春学期 海外実習/海外実践】ナレースワン大学 R.X.さん

2016.11.14


──────────────
大学院日本語教育研究科1年   R.X.さん
派遣先大学:ナレースワン大学(タイ)
期間:2016年8月28日~9月10日
──────────────

【研修内容の説明(自分たちのやったこと)】

・課外授業6回
目的:文化活動の準備、および、日本とタイの文化をお互いに楽しむ。
第1回:導入セッション
第2回:日本とタイのもの作り
第3回:曲作り
第4回:日本とタイのダンス
第5回:夏祭りの準備
第6回:振り返り

・文化活動:私たちとNC学生の「夏祭り」
目的:タイの学生とのコミュニケーションを図る。
コミュニケーションを通じて日本人に対して、タイ人に対してお互いにイメージをチェンジしながら、タイの学生に日本や日本人に興味をもっと持ってもらい、今後の学習にも役に立つようにする。
内容:夏祭りの飾り
ゲーム(野獣狩り)
みんなの歌(学生自身が作った歌詞)
創作料理(焼きそば、タイデザート、ギョトット、パットミィー、かき氷など)
タイダンス・盆踊り

・TA
科目名:
観光のための日本
通訳
日本文学
日本語3(副専攻)
日本語3(主専攻)
日本語コミュニケーション(会話)
言語と日本文化(読解)
日本語教授法

【SENDプログラム全体(授業から派遣終了まで)でよかった点】

・ナレースワン大学は研修内容が自由なので、企画案を決める段階では結構な時間がかかったが、最終的に、私たちにとって、タイの学生にとっても満足できる活動ができて嬉しい。活動を通して、異文化理解、チームワークなどの方面にも勉強になった。
・いろいろな授業をTAとして見学できて、タイの日本語教育を直接体験できた。また、日本語科の先生方から日本語教育について貴重なお話を聞かせていただいたこと。
・ナレースワン大学での派遣は私たち4人だが、準備から終わりまで、先生方をはじめ、先輩たち、院生のクラスメート、事務局の方がいつもサポートしてくださって、心強かった。

【次の参加希望者に対するメッセージ】

迷わず参加してみてください。思ったより成長できます。

参加者の声 一覧ページへ戻る

TOP OF PAEG