10大学の紹介

コンケン大学

コンケン大学
■国タイ
■創立1964年
■規模・学生数学部:約30,000人 大学院:約10,000人
■特色 【教育学部】
コンケン大学教育学部は数学教育や英語教育をはじめとする10の課程があります。また、学部付属学校として、幼稚園、初等学校と2つの中等学校(中高6年一貫校)が大学の敷地内にあります。タイの教育学部は5年制で、4年間学部で教育学や専門科目について学び、5年生の1年間は県内や近隣の県の中等学校や初等学校で教育実習を行います。2004年タイの学部教育で初めての日本語教員養成課程がコンケン大学教育学部に設置されました。現在、学部においてタイ人日本語教員を養成するタイ国内唯一の学部となっています。
(創立:1968年、学生数:学部・約2,200人、大学院・約1,000人)
 
【人文社会学部】
コンケン大学人文社会学部は、1978年に人文社会系の学部として、教育学部に次ぎ2番目に設立されました。人文社会学部は、言語学をはじめ、人文科学、社会科学の学問分野において、コンケン大学の中で重要な役割を担っています。現在、人文社会学部では、学士、修士、博士課程を含め、31のプログラムを開設しています。1979年に外国語選択科目としての日本語講座が開かれ、1994年には副専攻として日本語を学べるようになり、そして2005年には主専攻として日本語を学び、学士を取れる日本語専攻が設立されました。主専攻、副専攻として日本語を学んでいる学生は、現在、200名程度、そして外国語選択科目として日本語を学んでいる学生は、各学期200~300名近くになります。
■URL コンケン大学
コンケン大学教育学部
コンケン大学人文社会学部(タイ語)

シンガポール国立大学

シンガポール
■国シンガポール
■創立1905年
■規模・学生数学部:約27,000人 大学院:約10,000人
■特色 シンガポール国立大学は、1905年の創立以来、サイエンスやエンジニアリング、法律、医学、社会人文系の分野を備える総合大学として発展してきました。 2014年にはQS世界大学ランキングで22位(アジア1位)、語学教育では世界10位に位置づけられるなど、高い評価を受けています。東南アジア諸国、中国、欧米やアフリカなどを含め100ヶ国以上からの留学生を多数受け入れており、非常に国際色豊かです。
■URLウェブサイト

タマサート大学

タマサート大学
■国タイ
■創立1934年
■規模・学生数学部:約28,000人 大学院:約7,000人
■特色 タイで二番目に歴史の古い大学です。設立当初から開設している法学部はタイ国内の権威とされています。現在では教養学部や医学部などの21学部とカレッジがあります。 大学院の授業の多くはバンコクにあるタープラチャンキャンパス、学部の授業の多くはバンコク近郊に位置するランシットキャンパスにて行っており、 その他北部にランパーンキャンパス、東部にパタヤーキャンパスの4つのキャンパスがあります。 また日本語学科が置かれている教養学部は1962年に設立され、1965年にタマサート大学にタイで初めての日本語コースが設立、その後1982年に日本語専攻講座が開設されました。 チュワン元首相をはじめ多くの著名人、経済界等民間にも多くの卒業生を輩出しているタイ国トップの国立大学のひとつです。
■URLウェブサイト

チェンマイ大学

チェンマイ大学
■国タイ
■創立1964年
■規模・学生数学部:約29,189人 大学院:約9,082人
■特色 タイ王国北部の中心地チェンマイ県に位置する、タイで最初の地方総合大学です。北部タイの教育・研究の最重要拠点として設立され、2014年には創立50周年を迎えました。チェンマイ市街地の西にある広大なメインキャンパス(約4百万平米)を中心に20学部3万8千人以上の学生が学んでいます。国際レベルの教育・研究の拡充にも重点をおき、世界の15か国の大学と国際交流協定を結んでいます。日本との学術交流は、その中でも特に力を入れている分野です。人文学部は、大学設立とともに設置された最も古い学部の一つで、日本関係の人材養成でも、北部タイの中心機関としての役割を担っています。人文学部における日本語教育は1977年から始められ、87年には日本語専攻コースが開設されました。さらに、2008年に日本研究センターが設置され、13年からは日本研究の修士課程も開講されました。
■URL チェンマイ大学
チェンマイ大学人文学部
チェンマイ大学日本研究センター

チュラーロンコーン大学

チュラロンコーン大学
■国タイ
■創立1917年
■規模・学生数学部:約24,900人 大学院:約13,300人
■特色 ワチラーウット王(ラーマ6世)によって設立されたタイにおいて最も古い歴史を持つ、権威ある名門国立大学です。 大学名はチュラーロンコーン大王(ラーマ5世)に由来。現在、あらゆる研究エリアにおいて540ものプログラムを提供する総合大学であり、約4万名以上の学生が在籍。 キャンパスは約102万平米(教育用地区のみ)の広さであり、バンコクの中心街に位置しています。 1973年から1977年までマハー・チャクリー・シリントーン内親王が在籍し、タイ王室として初めてタイ国内の大学を卒業したことでも知られているタイを代表する大学です。 1966年日本語講座が開かれ、1973年にチュラーロンコーン大学でタイの最初の日本語専攻が設立されました。現在では,学部課程の日本語専攻・副専攻,大学院日本文学,大学院外国語としての日本語(日本語教師養成プログラム)が開講されています。
■URLウェブサイト

デ・ラ・サール大学

デ・ラ・サール大学
■国フィリピン
■創立1911年
■規模・学生数学部:約13,200人 大学院:約3,300人
■特色 キャンパスはマニラ市に位置し、8つの学部・大学院があります。 デ・ラ・サール大学は、研究の質・卒業生の就業機会・国際的な視野とその授業内容によって、世界の教育機関のトップ500 に入る、フィリピン最高峰の私立大学です。 日本研究課程は、国際研究学部に属しています。
■URLウェブサイト

ナレースワン大学

ナレースワン大学
■国タイ
■創立1990年
■規模・学生数学部:約21,036人 大学院:約5,020人
■特色 ナレースワン大学は、アユタヤー時代の英雄「ナレースワン大王」の名前を冠し、1990年に創立。タイ北部の南側にあるピサヌローク県に位置しています。 3学群16学部を有しており、医学部、薬学部、歯学部、看護学部、医科学研究学部、総合保険医療学部、公衆衛生学部、理学部、工学部、農学・天然資源・環境学部、建築学部、教育学部、人文学部、社会学部、ビジネス・経済・コミュニケーション学部、法学部で学ぶ学生がキャンパス内を闊歩し、そのほか、大学院、再生可能エネルギー生産技術研究所、ナレースワン大学インターナショナルカレッジ、物流総合管理研究カレッジ、基礎科学研究所で日々研鑽を積む研究者たちが集う、タイ国内屈指の大規模総合大学です。
「タイ社会から無知をなくそう」という目標に貢献するため、これまでに蓄積してきた有効な学術面の知識を生かして、将来、社会にとって良識ある倫理性を身につけた有能な学生を育成することを目指しています。日本語学習者は、学部において人文学部日本語科で専攻している学生のほか、全学(各学部、学科単位)で選択科目として初級の日本語を履修している学生が多数います。
■URL ウェブサイト

南洋理工大学

南洋理工大学
■国シンガポール
■創立1991年
■規模・学生数学部:約23,000人 大学院:約9,000人
■特色 南洋理工大学は、南洋大学、南洋理工学院の歴史を経て、1991年に新しく総合研究型大学として創立されました。シンガポール唯一の国立教育研究所(NIE)を併設しています。2014年のQS世界大学ランキングでは「world’s most dynamic young university」として一位にランクされ、今世界中から注目を浴びています。 キャンパスはシンガポールの西に位置し、200ヘクタールの自然にあふれた広大な敷地(シンガポール最大かつ工科系大学として世界最大級)に、最新の設備を備えてあります。人文学系の学生のみならず、エンジニアやビジネスの学生が毎年1,400人ぐらい日本語を勉強しています。
■URL ウェブサイト

パジャジャラン大学

パジャジャラン大学
■国インドネシア
■創立1957年
■規模・学生数学部:約3,440人 大学院:約440人(人文科学部)
■特色 インドネシア屈指の名門国立大学です。パジャジャランの名前はかつてこの地にあって栄えた王国名から取っており、創立当初はインドネシア共和国西ジャワ州バンドン市に位置していました。 現在はバンドン市内のキャンパスには本部と法学部、経済学部、医学部、大学院があり、学部の多くはバンドン市郊外の丘陵地帯の新キャンパスに位置しています。 16学部課程と大学院内に14の大学院専攻課程があるほか、7のディプロマ課程と2の資格取得課程を擁する総合大学であり、日本語日本文学科は1963年に設立されました。 尚、大学全体では44,283名(2012年調べ)、日本語学科の学生は800名在籍しています。 「国是と憲法を擁護し、化学・技術・芸術に基づいた文化を創り広めるとともに、科学的精神を持ち、科学と技術を身につけ、広い視野と高い道徳をもって人類と社会の進歩や国の文化に貢献する人物を育成すること」を目指しています。
■URLウェブサイト

マラヤ大学

マラヤ大学
■国マレーシア
■創立1949年
■規模・学生数学部:約13,900人 大学院:約11,400人
■特色 マレーシア初の大学で同国の最高学府。1949年、KingEdward VII College of Medicine(1905年設立)とRaffles College(1928年設立)が合併し、シンガポールにて設立され、その後1962年にクアルンプールに移りました。 東方政策提言者マハティール元首相もKingEdward VII College of Medicine(現マラヤ大学医学部)の出身です。キャンパスは首都クアラルンプールに位置し、922エーカーもの広さのキャンパスに22学部を持つ総合大学です。 マラヤ大学の日本語教育は、1966年の人文社会学部に日本語講座が開設されたことに始まり、その後1997年に言語学部が設立されました。現在マレーシアで学部の日本語主専攻があるのはマラヤ大学のみです。
■URLウェブサイト

TOP OF PAEG